Not normal

斜め真ん中上の選択

MacでWineを使ってWindowsのソフトウェアを動かす

はじめに

昔見つけてやってみようと思っていたゲームがWindows版だったのでMacでも動かねぇかな〜と思って調べたのでついでにまとめというか備忘録というかブログを執筆する練習に書いてみます。

準備物

  • Xcode
    • わたしの場合、準備しなくても元から入ってた…っていうか入れてた
  • MacPorts
    • これも前に何かするときにインストールしてた…

MacPortsの準備

まず、ターミナルで以下のコマンドを実行してMacPortsMacPortsとポートリストを更新しときます。

sudo port selfupdate

次に、下記コマンドでWindowsのソフトを起動させる「Wine」をインストールするためにそれに関連するポートを検索します。

port search wine

出力結果の最後の方に「Found 5 ports.」などと書かれてたら大丈夫。(5じゃない場合もあるかも?)

Wineのインストール

引き続きターミナルを使ってMacPortsでWineをインストールします。
まずWine-develを下記コマンドでインストール
マシンによっては時間がかかる?

sudo port install wine-devel

続いて、winetricksを書きコマンドでインスコ

sudo port install winetricks

インストールの確認

下記コマンドでWineがインストールされたことを確認しましょ

winecfg

何かウインドウがでてインストールされたことが確認できたらいよいよWindowsのソフトウェアを起動させます。

Wineでソフトウェアの起動

今回は、昔に見つけたフリーゲームを起動させようということでそのゲームは以下のものになります。

それぞれ起動させたいソフトウェアを準備したらターミナルでその起動させたいソフトウェアのディレクトリに移動します。
そこで下記のようなコマンドで実行させます。
(ここでは送電線のミメイのためファイル名が「mimei.exe」になります。)

wine mimei.exe

「wine (起動させたいソフトウェアの名前)」で起動できます。
起動するため数秒ほど時間がかかるかもしれません。
以上で終了です。

おわりに

以外と簡単にWindowsのソフトウェアが起動できて満足です!
起動させることが出来て満足してしまいゲームプレイが…
まあゲームの方は気が向いたらぼちぼちやってみようかなと思います。

それ以外のソフトウェアでfoobar2000とかも起動できます。
なので曲ファイルの変換とかもできるので意外とそういう使い方もありかなと思いました!
フリーソフトとかはMacよりWindowsの方が充実してる感じありますしいろいろ遊べそうですね。